プログラミングの開発環境の記事一覧

ここでは、「micro:bit」や「ATOM LITE」「M5Stack」でプログラミングするためのの開発環境を準備する記事が投稿順に表示されています。
最強エディタ「VS Code」や人気のプログラミング言語「python」マイコンボードプログラミングIDE「Platform IO」等のインストール方法を紹介してます。

UIFlow

UIFlowのダウンロードから初期設定、使い方まで詳しく紹介

M5Stack Gray,Stick-C,ATOM LITE等でビジュアルプログラミング(ブロックプログラミング)を行うための開発環境「UIFlow」を使うための準備から使い方まで詳しく紹介します。
Arduinoコマンド

M5StackシリーズのためのArduino IDEのインストール方法と初期設定、使い方紹介

M5Stackシリーズ(StickC、ATOM等)のためのArduino IDEのインストール方法から初期設定、スケッチ例の書き込み、コピペでの使い方まで詳しく紹介します。インストールはArduinoでも同じです。
micro:bit

本体もパソコンも、無くてもできる。micro:bitとスマホで簡単プログラミング学習。

micro:bit でスマホを使った開発環境の紹介です。micro:bit 本体を持ってなくても画面上のシミュレータで動作確認できます。パソコンはないけどプログラミングをやってみたい方や、本体を買おうか迷ってる方はお試しでやってみましょう♪
micro:bit

本体が無くてもできる。micro:bitで簡単プログラミング学習(PC版)

microbitの開発環境紹介(Windows 10版)インストール不要、パソコンでブラウザ環境(Google Chrome等)があればOK。本体がなくてもシミュレータで動作確認。本体を買おうか迷ってる方はお試しでやってみましょう♪
ATOM LITE

プログラミング初心者におすすめ「ATOM LITE」の初期設定

Platform IOを使用した ATOM LITE の初期設定です。ファイルを作成、必要なライブラリの準備、初期設定方法を紹介。実際に「Lチカ」プログラムを「コピペ」で書き込み動作確認まで行います。
開発環境の準備

PlatformIO のダウンロードからインストールの紹介。Arduino IDEより速い!高性能!

Platform IOとは VSCode(エディタ)で動作する、IDEと呼ばれる統合開発環境です。 Arduino IDEでも開発できますが、見やすさ、編集のしやすさ、書込みスピード、どれをとってもPlatform IOの方がおすすめです
開発環境の準備

pythonのダウンロードからインストール方法の紹介

人気のプログラミング言語 python のインストール方法の紹介です。python はアプリ開発やWebサイト構築、ディープラーニングにも使用されますが、マイコンボードの統合開発環境「Platform IO」のインストールにも必要です。
開発環境の準備

Visual Studio Code (VSCode)のインストールと日本語化から基本設定まで紹介

簡単高機能エディタ「VS Code(Visual Studio Code)」のインストールから初期設定まで紹介。 様々なプログラム言語に対応。プログラミング初心者にもおすすめ、現役最強エディタを使いこなしていきましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました