プログラミングの初心者やこれから始めてみようと思ってる方向けのブログです。
まったくの初心者でも、必要なものと開発環境を準備すれば後はコピペでなんとかなる!
「とりあえず動かす!」そして「興味が持てたらやってみよ~」そんな感じで発信していきます。
それでは行きましょう♪「Let’s 路地からThinking~!!」

CORE S3

CORE S3コピペで簡単カメラ画像をスマホ,PCに表示する方法

カメラの画像をフレーム単位でJPEGに変換しサーバーからストリーム配信する方法を紹介します。ArduinoのWebServer機能を使ってシンプルに実装しています。
CORE S3

CORE S3の使い方、基本仕様、端子配列、カメラの使用方法等を詳しく紹介

CORE S3の基本からタッチパネル(マルチタッチ)、カメラの使用方法、ポートの増設方法やACアダプター等外部電源使用時の注意点等と合わせて詳しく紹介します。
ATOMS3

I2Cデバイスの情報表示に最適MiniOLEDの使い方

超小型0.42インチ(72x40)のOLED有機ELディスプレイ、I2Cデバイスの情報表示に最適MiniOLED(M5Stack社製)の使い方について詳しく紹介します。
M5StickC Plus

M5StickC Plus2 I2C通信で温度、湿度測定ENV IVセンサの使い方

M5StickC Plus2でI2C通信の温湿度気圧センサENV IVをライブラリ使用とライブラリを使用せずI2C通信で直接データ受信する方法で詳しく紹介します。
M5StickC Plus

M5StickC Plus2の使い方、初期設定、旧モデルとの違い等サンプルプログラムで詳しく紹介

M5StickCの最新版M5StickC Plus2について、旧モデルとの違いを確認しながら、初期設定や端子配列、機能、使い方をサンプルプログラムで詳しく紹介します。
Rspberry Pi(ラズパイ)

ラズパイPicoの機能をフル活用! シーケンサ基板の使い方

Raspberry Pi Picoの機能を最大限に活かし、シーケンサ(PLC)として簡単にラダープログラムをPythonで作成、実行できる基板について詳しく紹介します。
準備するもの

個人でも格安、簡単、自作プリント基板製造、発注方法

基板製造は数千円で5日もあれば注文できる今、個人の電子工作でもフリーソフトのKiCAD等で製作したガーバーデータで簡単にプリント基板を製造依頼する方法を詳しく紹介します。
Rspberry Pi(ラズパイ)

ラズパイPico本体にデータ保存、起動時に読込む方法:Python編

Raspberry Pi Picoで変数データを本体フォルダに保存して起動時に読込む方法。電源OFFしても値を保持するカウンタのサンプルプログラムで詳しく紹介
Rspberry Pi(ラズパイ)

ラズパイPicoマルチコアで並列動作させる方法:MicroPython編

Raspberry Pi Picoのデュアルコアを使用して2つの処理を同時に並列処理させる使い方について詳しく紹介。一定間隔で実行させたいプログラムが簡単に実現できます。
Rspberry Pi(ラズパイ)

ラズパイPicoでシーケンサを作ろう(動作確認編)基板製造、部品実装

Raspbrry Pi Picoで製作したシーケンサ(PLC)基板の動作確認(入出力、ラダー、I2C/UART通信等)を行います。基板の発注方法も詳しく紹介していきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました