フルカラーLEDの使い方紹介

フルカラーLEDとは赤、緑、青の3つのLEDが1つになったもので色の3原色の組み合わせで様々な色を表現できます。この使い方を紹介

Rspberry Pi(ラズパイ)

ラズパイPicoでNeoPixel、まずはシンプルに1個から後は応用でいろいろ試そう♪

フルカラーLEDのNoePixelをPythonとC言語で簡単シンプルに1個点灯させる方法からテープライトの使い方やドットマトリクスLEDをお絵描き感覚で好きなパターンで点灯させる方法までサンプルプログラム(コピペ)を使用して紹介します
ATOM Matrix

ドットマトリクスLED簡単制御方法、点灯位置も色も思いのままに♪ATOM Matrix

ATOM Matrixには5×5の25個のフルカラーLEDで構成されたドットマトリクスLEDがあり、2重配列と「FastLED」ライブラリを使用することで簡単に制御できます。
ATOM LITE

ボリュームで7色変化!フルカラーLEDコントローラーを作ろう「ATOM LITE」

フルカラーLEDとは一つのLEDの中に赤、緑、青のLEDが入っていてそれぞれの明るさを変えることで様々な色を表現できるものです。 今回はボリュームを使って「ATOM LITE」本体に内蔵されているフルカラーLEDコントローラを作りましょう♪
C言語

動かして学ぶC言語「switch文(複数条件分岐)」の使い方を基本から詳しく紹介

C言語のswitch文について紹介します。 switch文は一つの条件に対して複数の処理に分岐したい時に使用されます。if文では変数や条件式を組み合わせた分岐に向いていますが、swich文では変数が複数の値を持つ場合の分岐に向いています。
C言語

動かして学ぶC言語「for文(繰り返し処理)」の使い方を基本から詳しく紹介

「for文」は実行回数を指定して繰り返し実行したい時によく使用されます。「if文」の条件分岐と組み合わせることで様々な動作を実現することができます。LEDの色を変化させるサンプルプログラムで詳しく紹介します。
ATOM LITE

プログラムでクリスマスイルミネーションを作ろう♪「ATOM LITE」

プログラムでクリスマスイルミネーションを作ってみましょう♪ATOM LITE本体に内蔵されているフルカラーLEDの色を、繰り返し変化させるプログラムを紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました