C言語プログラミングの記事一覧

C言語プログラミングの記事一覧C言語

ここでは、C言語のプログラミングの記事が投稿順に表示されています。
安価なマイコンボードを使用して動かしながら学んでみましょう♪
サンプルプログラムも用意してあります。まずはコピペで書き込んで、動作確認しながら少しづつ理解を深めましょう。

C言語

動かして学ぶC言語「配列」について、動かして目で見て理解しよう

配列とは1つのデータを処理する「変数」と違い複数のデータをまとめて処理する時に便利です。この「配列」をLEDに見立ててフルカラーLEDテープライト(Neopixel)を制御することで目で見てわかりやすく紹介します。
C言語

動かして学ぶC言語「switch文(複数条件分岐)」の使い方を基本から詳しく紹介

C言語のswitch文について紹介します。 switch文は一つの条件に対して複数の処理に分岐したい時に使用されます。if文では変数や条件式を組み合わせた分岐に向いていますが、swich文では変数が複数の値を持つ場合の分岐に向いています。
C言語

動かして学ぶC言語「for文(繰り返し処理)」の使い方を基本から詳しく紹介

「for文」は実行回数を指定して繰り返し実行したい時によく使用されます。「if文」の条件分岐と組み合わせることで様々な動作を実現することができます。LEDの色を変化させるサンプルプログラムで詳しく紹介します。
C言語

動かして学ぶC言語「変数」について、正しく学ぶならC言語が一番

「変数」とはプログラム内のデータを保存しておくために使用します。 データを入れておく箱のようなもので、一時的にデータを入れておき、必要な時に取り出して使用したり、取り出して加工(演算等)してから元に戻して、また必要な時に使用したりします。
C言語

動かして学ぶC言語「演算子(条件式)」(関係・等価演算子、論理演算子)

「if文」等で条件分岐を行う「条件式」を作るための「演算子」について詳しく紹介。 演算子の使い方をATOM LITEの「Lチカ」プログラムで動かしながら学びましょう♪
C言語

動かして学ぶC言語「if文(条件分岐)」の使い方を基本から詳しく紹介

「C言語」の「if文」について紹介します。「if文」は条件によって実行するプログラムを分岐させたい時に使用します。 基本の書き方や使い方を「Lチカ」プログラムで実際に動かしながら楽しく学びましょう♪
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました