電子工作

電子工作について紹介

M5Stack

M5Stack Basicの使い方、端子配列、サンプルプログラムで詳しく紹介

基本仕様、端子配列、サンプルプログラムで「Lチカ」やアナログ入力(ADC)、アナログ出力(DAC)、シリアル通信(UART)、液晶表示、バッテリー残量表示等の基本的な動作まで詳しく紹介します。
3Dプリンター

ダヴィンチmini w+ 3Dプリンタの使い方③ 3DCAD編

フリーの3DCAD「Fusion360」を使用して基板を収める簡単なケースのモデリング方法から、印刷用データへ変換、実際に印刷して確認するところまで紹介します。
3Dプリンター

ダヴィンチmini w+ 3Dプリンタの使い方②テスト印刷編

印刷ソフトXYZmaker Suiteのインストール方法から使い方、XYZmaker 3DKitで印刷データ準備、XYZprintで初期設定、テスト印刷までレビューを交えて詳しく紹介します。
3Dプリンター

ダヴィンチmini w+ 3Dプリンタの使い方①開梱・設置編

ダヴィンチmini w+の使い方としてまずは開梱から設置方法について、特徴や選定理由(メリット・デメリット)注意点等、評価・レビューを交えて詳しく紹介していきます。
準備するもの

ジョイスティック(JoyStick)の使い方、つなぎ方、動作原理等を回路図も使って詳しく解説

ジョイスティックの仕組みから、使用方法をカメラ等を固定して縦横に操作するパンチルト機構(RCサーボ2個使用)の動作でサンプルプログラムを使って詳しく紹介します。
Arduinoコマンド

NTPサーバーから時間取得、WiFiMultiで接続先 複数登録

M5StickC Plusを使用したWi-Fi時計のサンプルプログラム(Arduinoコマンド使用)で、複数のWi-Fi環境を登録して接続できる WiFiMulti の使い方と、NTPサーバーからの時間取得方法について詳しく紹介します。
ATOM Matrix

ドットマトリクスLED簡単制御方法、点灯位置も色も思いのままに♪ATOM Matrix

ATOM Matrixには5×5の25個のフルカラーLEDで構成されたドットマトリクスLEDがあり、2重配列と「FastLED」ライブラリを使用することで簡単に制御できます。
ATOM LITE

LEDテープライトでクリスマスイルミネーションを作ろう♪ATOM LITE

LEDテープライト(Neopixel)で流れるLEDイルミネーションを作りましょう♪ 使用するLEDはマイコン内蔵のSK6812(WS2812B互換)で点灯色やパターンはArduino等があれば専用ライブラリを使用して簡単に制御できます。
準備するもの

ボリューム(可変抵抗器)の使い方、つなぎ方、抵抗値計算等を回路図も使って詳しく解説

ボリュームというと音量調節のイメージですが、明るさや回転数等を調整するのにも使用されます。「抵抗(固定抵抗器)」が固定の抵抗値を持つのに対して「可変抵抗器」は抵抗値を調整することができます。このボリューム(可変抵抗器)について紹介します。
ATOM LITE

ボリュームで7色変化!フルカラーLEDコントローラーを作ろう「ATOM LITE」

フルカラーLEDとは一つのLEDの中に赤、緑、青のLEDが入っていてそれぞれの明るさを変えることで様々な色を表現できるものです。 今回はボリュームを使って「ATOM LITE」本体に内蔵されているフルカラーLEDコントローラを作りましょう♪
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました