Lチカ

LEDを点灯させる基本の「Lチカ」について紹介

C言語

動かして学ぶC言語「switch文(複数条件分岐)」の使い方を基本から詳しく紹介

C言語のswitch文について紹介します。 switch文は一つの条件に対して複数の処理に分岐したい時に使用されます。if文では変数や条件式を組み合わせた分岐に向いていますが、swich文では変数が複数の値を持つ場合の分岐に向いています。
Arduinoコマンド

入出力端子の使い方(Arduinoプログラミング)「Lチカ」プログラムで詳しく紹介

マイコンボードの端子は電源や通信等用等ありますが、ほとんどが「入出力端子」として使用できます。 「入力端子」は外部の状態を本体に取り込むことができ「出力端子」は本体で処理した結果を外部へ出力することができます。 これらの使い方を紹介します。
ATOM LITE

定番の Lチカ!(ATOM LITE編)で遊びながら自然と身につくプログラミング

プログラミング初心者ならとりあえず「Lチカ」やりましょう!LEDを点灯、消灯(チカチカ)させるものです。サンプルプログラムをコピペでとりあえず動作確認。LEDの色は数値を変えるだけ。いろいろ試して遊びながら学びましょう♪
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました