準備するもの

RCサーボモータとは、使い方と簡単制御方法(Arduinoコマンド、ライブラリ不要)の紹介

ラジコンの駆動部等に使用されるRCサーボについての簡単な制御方法をサンプルプログラムで詳しく紹介します。ATOM LITE使用(M5Stack社製ESP32系マイコンボード)
ライブラリの使い方

RCサーボモータの使い方(M5Stack系Arduinoコマンド)ライブラリ「ESP32Servo」使用

RCサーボモータの制御方法にはPWM制御の理解が必要ですが、今回はライブラリ使用で角度指定して簡単に制御する方法をATOM LITEを使用したサンプルプログラムで詳しく紹介します。
Arduinoコマンド

PWM制御とは?Arduino(ESP32)コマンドで使い方を詳しく紹介

PWM制御の基本動作からArduinoコマンドを使ったプログラミング方法、サンプルプログラムを使用して音(ブザー)と光(LED)で動作確認しながら使い方を詳しく紹介します。
CORE2

M5Stackの振動センサで3軸加速度モニター(グラフ表示)

CORE2(GRAY可)を使用して3軸(X ,Y ,Z)の振動の大きさ(加速度)を液晶画面でグラフ表示できる加速度モニターです。ジャイロや角度についてもArduinoIDEのシリアルプロッタでモニタしながら紹介します。
Arduinoコマンド

NTPサーバーから時間取得、WiFiMultiで接続先 複数登録

M5StickC Plusを使用したWi-Fi時計のサンプルプログラム(Arduinoコマンド使用)で、複数のWi-Fi環境を登録して接続できる WiFiMulti の使い方と、NTPサーバーからの時間取得方法について詳しく紹介します。
M5Stack

M5Stackをシリアルモニターに使用。パソコン不要でデータ確認Atom、Arduinoに便利

マイコンボードのシリアル出力を液晶やパソコンではなく、外付けして単体で確認できるシリアルモニタが欲しかったのでM5Stackで作りました。 ATOMやArduino等のマイコンボードのデータが手軽に確認できて便利と思うので紹介します。
Arduinoコマンド

M5StickC Plusで簡単Bluetooth相互通信、遠隔操作する方法

M5StickC PlusとM5StickC(両方M5StickC Plusやパソコンでも可)を使用して、Bluetooth(ブルートゥース)相互通信、遠隔操作(Arduinoコマンド使用)する方法を紹介します。
CORE2

M5Stack CORE2の使い方、ArduinoIDE、UiFlow、PlatformIOの初期設定、工場出荷時への戻し方も紹介

CORE2の使い方、始め方を3つの開発環境 ArduinoIDE、UiFlow(ビジュアルプログラミング)、PlatformIOの初期設定から詳しく紹介します。
CORE2

M5Stack CORE2について、デモ画面、基本仕様、端子配列(機能)等を詳しく紹介

CORE2について工場出荷時デモ画面の動作確認方法や外観紹介から基本仕様、端子配列(一覧表にまとめました)、端子機能等を詳しく紹介します。
ライブラリの使い方

SSD1306 OLED液晶で日本語表示 lovyanGFXの使い方

SSD1306でlovyanGFXを使用して日本語表示する方法を紹介します。ATOM LITEを使ってますがArduinoでも基本は同じで、他のOLED液晶でも初期設定を変えるだけです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました