ライブラリの使い方

lovyanGFXの使い方 M5Stackシリーズ編 基本的な表示(日本語、図形)方法

lovyanGFXで簡単日本語表示、データ更新やグラフ表示で「チラツキ」を抑えるための「スプライト」について、コピペ用サンプルプログラムでCORE2,M5Stick Plus,GRAYで表示して詳しく紹介します。
M5StickC Plus

WiFi遠隔操作Arduinoコマンドでブラウザベースのスマホ、PCリモートコントローラの紹介

ブラウザベースで遠隔操作、リアルタイムデータ通信を行う方法をコピペ用サンプルプログラムを使って紹介します。 サーバー機能を利用して「JavaScript」の「fetch」を使うことでデータの送受信を行います。
M5StickC Plus

M5StickC Plusの使い方、初期設定、サンプルプログラム、M5StickCとの違い等を詳しく紹介

M5StickC PlusをArduino IDEやPlatformIOで使うための初期設定やサンプルプログラムでの動作確認の方法です。ビジュアルプログラミングのUiFlowの初期設定についても紹介します。
micro:bit

ビジュアルプログラミングをC言語、Python、JavaScriptで書くとこうなる

ビジュアルプログラミングはプログラミング?本当にプログラミングが出来るようになるの?実際のプログラミング言語に置き換えてみればわかる!ビジュアルプログラミングは間違いなくプログラミングです!
UIFlow

UIFlowのダウンロードから初期設定、使い方まで詳しく紹介

M5Stack Gray,Stick-C,ATOM LITE等でビジュアルプログラミング(ブロックプログラミング)を行うための開発環境「UIFlow」を使うための準備から使い方まで詳しく紹介します。
Arduinoコマンド

M5StackシリーズのためのArduino IDEのインストール方法と初期設定、使い方紹介

M5Stackシリーズ(StickC、ATOM等)のためのArduino IDEのインストール方法から初期設定、スケッチ例の書き込み、コピペでの使い方まで詳しく紹介します。インストールはArduinoでも同じです。
ATOM Matrix

ドットマトリクスLED簡単制御方法、点灯位置も色も思いのままに♪ATOM Matrix

ATOM Matrixには5×5の25個のフルカラーLEDで構成されたドットマトリクスLEDがあり、2重配列と「FastLED」ライブラリを使用することで簡単に制御できます。
準備するもの

SSD1306 液晶表示器OLEDの使い方、簡単2画面表示の方法も紹介

SSD1306はライブラリを準備して、I2C通信設定を行えば、簡単なコマンドで表示可能。ATOM LITEやESP32、Arduino等に液晶表示器を追加したい時に手軽に安価で実現できるのでとても便利です。
C言語

動かして学ぶC言語「配列」について、動かして目で見て理解しよう

配列とは1つのデータを処理する「変数」と違い複数のデータをまとめて処理する時に便利です。この「配列」をLEDに見立ててフルカラーLEDテープライト(Neopixel)を制御することで目で見てわかりやすく紹介します。
ATOM LITE

LEDテープライトでクリスマスイルミネーションを作ろう♪ATOM LITE

LEDテープライト(Neopixel)で流れるLEDイルミネーションを作りましょう♪ 使用するLEDはマイコン内蔵のSK6812(WS2812B互換)で点灯色やパターンはArduino等があれば専用ライブラリを使用して簡単に制御できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました