サンプルプログラム

M5StickC Plus

M5StickC Plusの使い方、初期設定、サンプルプログラム、M5StickCとの違い等を詳しく紹介

M5StickC PlusをArduino IDEやPlatformIOで使うための初期設定やサンプルプログラムでの動作確認の方法です。ビジュアルプログラミングのUiFlowの初期設定についても紹介します。
micro:bit

ビジュアルプログラミングをC言語、Python、JavaScriptで書くとこうなる

ビジュアルプログラミングはプログラミング?本当にプログラミングが出来るようになるの?実際のプログラミング言語に置き換えてみればわかる!ビジュアルプログラミングは間違いなくプログラミングです!
ATOM Matrix

ドットマトリクスLED簡単制御方法、点灯位置も色も思いのままに♪ATOM Matrix

ATOM Matrixには5×5の25個のフルカラーLEDで構成されたドットマトリクスLEDがあり、2重配列と「FastLED」ライブラリを使用することで簡単に制御できます。
準備するもの

SSD1306 液晶表示器OLEDの使い方、簡単2画面表示の方法も紹介

SSD1306はライブラリを準備して、I2C通信設定を行えば、簡単なコマンドで表示可能。ATOM LITEやESP32、Arduino等に液晶表示器を追加したい時に手軽に安価で実現できるのでとても便利です。
ATOM LITE

LEDテープライトでクリスマスイルミネーションを作ろう♪ATOM LITE

LEDテープライト(Neopixel)で流れるLEDイルミネーションを作りましょう♪ 使用するLEDはマイコン内蔵のSK6812(WS2812B互換)で点灯色やパターンはArduino等があれば専用ライブラリを使用して簡単に制御できます。
Arduinoコマンド

液晶表示器OLED(SH1107)の使い方。M5GFXライブラリ使用。

液晶表示器の使い方について紹介します。今回使う液晶は「M5Stack用1.3インチ 128 x 64 OLEDディスプレイユニット SH1107」でI2C通信に対応しており、M5GFX等のライブラリを使うことで簡単に表示ができます。
ATOM LITE

タイマー割込みをストプウォッチの動作で紹介「ATOM LITE + OLED液晶」

タイマー割込みを使用したストップウオッチでタイマー割り込みの動作を紹介します。正確な時間で処理を行うというのはひと手間必要で、非常に動作が複雑ですが一つづつ詳しく紹介していきます。
Arduinoコマンド

アナログ入力(A/D変換)の使い方(Arduinoプログラミング)

Arduinoコマンドを使用した「アナログ入力」の使い方について紹介します。A/D変換とも呼ばれ「A/D」とは「Analog」と「Digital」の頭文字をとったもので、アナログデータをデジタルデータに変換する処理のことを言います。
ATOM LITE

ボリュームで7色変化!フルカラーLEDコントローラーを作ろう「ATOM LITE」

フルカラーLEDとは一つのLEDの中に赤、緑、青のLEDが入っていてそれぞれの明るさを変えることで様々な色を表現できるものです。 今回はボリュームを使って「ATOM LITE」本体に内蔵されているフルカラーLEDコントローラを作りましょう♪
C言語

動かして学ぶC言語「for文(繰り返し処理)」の使い方を基本から詳しく紹介

「for文」は実行回数を指定して繰り返し実行したい時によく使用されます。「if文」の条件分岐と組み合わせることで様々な動作を実現することができます。LEDの色を変化させるサンプルプログラムで詳しく紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました